赤ちゃんが生まれたら出産報告を年賀状で!新米パパママ必見!ほっこり出産報告年賀状

新年の挨拶と近況報告ができる年賀状は、出産報告の手段として人気です。年賀状で出産報告をする際は、写真やデザインに迷ってしまうこともあるでしょう。この記事では、出産報告を兼ねた年賀状を作るときのコツや注意点についてご紹介していきます。 ママ向け 記事
この記事は約6分で読めます。

新年の挨拶をするために出す年賀状には、いつもお世話になっている人への感謝の気持ちを伝えると同時に、なかなか会えない人に対する近況報告をする役割があります。赤ちゃんが生まれたとき、手間や費用を抑えるために年賀状で出産報告をすることも少なくはありません。

今回は、赤ちゃんが生まれて年賀状で出産報告をするときのコツや注意点を解説していきます。マナーを守って、受け取った人がほっこりする年賀状を作っていきましょう。

出産報告を年賀状でしてもいい?

年賀状で出産報告をすること自体はマナー違反になりません。とくに日頃あまり付き合いがない人にとって、年賀状は相手の近況を知るための絶好の機会になります。ただし、年賀状で初めて出産報告をする人がいれば、報告が遅れたお詫びなどを添えておくといいでしょう。

普段から付き合いがある人であっても、赤ちゃんや家族が揃った写真を見られる機会はなかなかないかもしれません。出産後にSNSや電話で伝えていたとしても、改めて年賀状で家族が揃った様子を見てもらいましょう。ただし、赤ちゃんが生まれてから時間が経っている場合は、「どうして生まれたときに言ってくれなかったんだろう」と思われてしまうことがあるため注意が必要です。親しい間柄の人には、前もって出産を報告しておくようにしましょう。

出産予定の報告は控える

出産予定がお正月よりも先の場合、出産予定について年賀状に書くことは避けておきましょう。万が一報告後に問題が起きてしまった場合、お互い気まずい思いをすることになってしまいます。

出産予定について伝えるのは親しい人や身内だけに留め、そのほかの人には生まれたら改めて報告するようにしましょう。

出産報告の年賀状に使う写真・デザインのコツ

出産報告は、赤ちゃんとママの無事を報告することが一番の目的です。赤ちゃんの写真入りの年賀状なら元気に育っていることを伝えられるので、親しい友人や家族には写真入りの年賀状を出すと喜ばれるでしょう。

とはいえ、どのような写真やデザインを使った年賀状にすればいいか迷ってしまう方もいらっしゃるかと思います。ここでは、出産報告の年賀状に使う写真やデザインのコツについてご紹介していきます。

①生後間もない赤ちゃんは寝相アートがおすすめ

生後間もない赤ちゃんは成長が早いため、できるだけ新しい写真を使うようにしましょう。写真を複数使えるデザインを選べば、生まれた直後と最近の様子両方を載せて「こんなに成長しました!」と報告することができます。

この時期の赤ちゃんは寝ていることが多いので、写真のポーズや構図が限られてしまいます。そこでおすすめなのが、赤ちゃんの寝姿を活かした寝相アート。たとえば、周囲に正月や干支にちなんだアイテムを置き、中心に干支の洋服を着せた赤ちゃんを寝かせて年賀状らしい写真を撮っても可愛いでしょう。「寝相アート」は赤ちゃんが寝ていることが多い今のタイミングにしか撮れない写真なので、受け取った人もほっこりとしてくれるはずです。

赤ちゃんと3人で家族写真を撮る場合は、パパとママが赤ちゃんを挟む構図で撮影すると非常にバランスがよくなります。小物や洋服など、お揃いのアイテムを身につけると、一体感が出て仲のいい家族だということが伝わりやすくなるでしょう。

②動きや表情を活かした写真もおすすめ

赤ちゃんの首が座ってよく動くようになってきたら、動きや表情を活かした年賀状を作ってみましょう。ハイハイする赤ちゃんを同じ高さで撮影した写真や、自由に遊ばせて自然な笑顔を撮影した写真など、赤ちゃんの楽しそうな様子を捉える工夫をしてみてくださいね。

また、家族全員で撮影した写真も年賀状にはおすすめです。単に赤ちゃんを抱っこした集合写真でも構いませんが、少しだけ構図を工夫してみてもいいかもしれません。赤ちゃんとパパママが川の字に寝転んだ写真や、頬杖をついて両側から赤ちゃんを見つめる写真など、自然体で仲のよさが伝わる写真が年賀状にはおすすめです。

赤ちゃんの動きや表情が活かせるので、写真が大きく載せられるデザインを使用することをおすすめします。

年賀状で出産報告をするときのポイント

出産報告は幸せな報告ですが、正しいマナーを守らないと失礼に思われてしまうこともあります。せっかくの新年に年賀状で嫌な思いをさせてしまわないように、出産報告をするときの注意点について知っておきましょう。

①出産報告がメインにならないように注意

年賀状の目的は、あくまで新年の挨拶です。お世話になったお礼と、新しい年を迎えることに対する挨拶がもっとも大切な要素となります。このことを忘れて出産のことばかり書いてしまうと、マナー違反だと捉えられてしまう可能性があります。

出産報告をする際もメインは新年の挨拶とし、出産に関しては付け足し程度に留めておきましょう。

②赤ちゃんだけのデザインは避ける

年賀状のデザインを考えるとき、赤ちゃんだけの写真を使おうと考えている方は注意が必要です。なぜなら、年賀状を受け取る人はパパママのつながりであり、赤ちゃんよりもパパママの近況が気になっているからです。そのため、赤ちゃん単体よりも家族全員が写っている写真の方が適していることもあります。

日頃よく会っている人に出す年賀状であれば、赤ちゃん単体の写真でも問題ありません。しかし、あまり会う機会のない人に年賀状を出す際は、家族全員の近況報告ができる家族写真の方がおすすめです。

③デザインは人によって変える

年賀状を出すときは、人によってデザインを変えるようにしましょう。たとえば、子宝待ちのご家族に赤ちゃんの写真を送ると、相手を暗い気持ちにさせてしまうかもしれません。また、取引先の担当者に家族の写真入り年賀状を出すと、公私混同していると思われてしまいます。

もしもこういった人に出産報告をしたいときは、一言添えておく程度にしておくのが無難です。赤ちゃんの写真や家族の写真を使った年賀状は、親しい人やビジネス上の付き合いがない人にだけ出すようにしましょう。

出産報告の年賀状に使える例文・文例

写真やデザインは決まったけれど、どんな文面を書いたらいいかわからない…

このような方に向けて、ここからは出産報告の年賀状に使える例文を掲載しておきます。実際に年賀状を作る際に、ぜひ参考にしてみてくださいね。

家族や親しい人

あけましておめでとうございます

昨年〇月〇日に長男〇〇が誕生いたしました

新たな家族が加わり にぎやかな正月を迎えています

お近くにお越しの際は ぜひお立ち寄りください

まだまだ未熟ではございますが

本年も親子ともどもよろしくお願いいたします

令和〇年 元旦

目上の人

謹んで新年のお慶び申し上げます

昨年は大変お世話になりました

私事ではございますが 昨年〇月〇日に新しい家族が加わり

大変にぎやかな新年を迎えております

今後ともご指導ご鞭撻のほど よろしくお願い申し上げます

令和〇年 元旦

まとめ

マナーを守ってほっこりする年賀状を作ろう!

新年の挨拶ととも近況報告ができる年賀状は、大切な人に向けて出産報告をするには最適な手段です。ぜひ写真やデザインを一工夫して、もらった人がほっこりするような年賀状を作ってくださいね。

ただし、年賀状の本来の目的は新年の挨拶です。相手によっては赤ちゃんや家族の写真を使った年賀状がマナー違反になってしまうこともあります。「我が子が可愛いからみんなに見せてあげたい!」という気持ちが出過ぎて不快な思いをさせないように、注意しながら送るようにしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました