withコロナ時代の年賀状

コロナ 記事
この記事は約7分で読めます。

コロナ禍で思うように会えなかったり、今までと異なる環境で生活せざるを得なくなったりするなかでの年賀状は、いつものようには書きにくいかもしれません。

そこで、年賀状に添える一言や、写真付きの年賀状、お祝いの言葉を使わない年賀状など、withコロナ時代の2021年に送る年賀状の参考になるアイデアをご紹介します。

withコロナ時代 2021年の年賀状に添える一言(あいさつ文)文例

年賀状は印刷したものをそのまま出すという人もいるでしょうが、コロナ禍の今だからこそ、手書きで一言添えたいものです。

2021年の年賀状に添える一言の文例をご紹介しますので、参考にしてください。

年賀状に書く文章は、句読点を用いない

なお、年賀状に書く文章は、句読点を用いないほうがよいとされていますので、文例には句読点を付けていません。 実際に書く際には、句点の場所では改行をし、読点の場所では0.5~1文字分のスペースを開けるとよいでしょう。

親戚や知人への年賀状

毎年、ゴールデンウイークやお盆休みに帰省していた実家の両親(義両親)や、集まることにしていた親戚とは、コロナ禍の2020年には会えなかったことと思います。

その残念な気持ちと、次に会える機会を楽しみにしている気持ちをうまく伝えましょう。

両親や義両親へ

「おじいちゃん おばあちゃん

昨年はコロナが心配で会えませんでしたがお元気ですか

〇〇の学校は行事が減りましたが

毎日元気で登校しています

早く会える日が来ることを楽しみにしています」

親戚へ

「昨年は新型コロナウイルスの影響で会えませんでしたが

今年は会えることを心待ちにしております

みなさま お体に気を付けてよいお正月をお過ごしください」

仲人へ

「旧年は新型コロナウイルスの影響で夫婦ともども在宅勤務となり

一緒にいる時間が増えてお互いの絆が深まりました

落ち着いたころに一度お目にかかりたく存じます

○○様と奥様も どうぞご自愛くださいませ」

友人への年賀状

今まで頻繁に会っていた友人にも、コロナ禍では思うように会えなかったと思います。

淋しい気持ちや、今年こそは会えるようにと祈る気持ちが伝わるような一言を添えましょう。

「昨年のお正月には まさかこんな状況になるなんて思わなかったね

旅行の約束も果たせずじまいで とても残念です

今年こそは旅行に行けるよう

コロナの終息と〇〇の幸せを 心よりお祈りしています!」

「ご家族で楽しいお正月を迎えていますか?

ほとんど会えずじまいの1年でしたが

オンライン飲み会も意外と楽しいと知りました

でも 直接会って話をするほうが何倍も楽しい!

早くコロナが収束して 〇〇に会えますように!」

「年末のオンライン忘年会は楽しかったですね

お正月もオンライン帰省で少々淋しいですが

一人でのんびりと過ごすお正月も たまにはよいかもしれません

コロナが収束したら 〇〇の新居にぜひ遊びに伺いたいです!

幸多き一年となりますように」

仕事関係の人への年賀状

仕事関係では、コロナの影響で取引に支障が生じたり、勤務体系が変わって迷惑をかけたりすることもあったでしょう。

それらに対する謝辞とともに、相手の健康を慮る言葉を添えるのがおすすめです。

上司へ

「旧年中は大変お世話になりました

新型コロナウイルスの影響で いつもとは異なる状況のなか

いつも以上に温かいご指導をいただき 心にしみました

時節柄 ご家族の皆様のご健康をお祈り申し上げます」

「旧年中は大変お世話になりました

テレワークという慣れない環境においても

かわらず親身にご指導いただき 心より感謝しております

まだこの状況は続きそうですが

精一杯努力していく所存ですので

本年もご指導ご鞭撻のほど よろしくお願い申し上げます」

取引先へ

「旧年中は格別のご愛顧を賜り 厚く御礼申し上げます

新型コロナウイルスの影響により

いろいろご不便をおかけいたしておりますが

本年もより一層のお引き立てのほど

何卒よろしくお願い申し上げます

新型コロナウイルスの一日も早い収束と

みなさまのご活躍を心よりお祈り申し上げます」

コロナ自粛で会えない家族に写真で新年の挨拶!

毎年、年末年始は実家に帰省していた人も、コロナ自粛中は、なかなかそうはいかないでしょう。

そこで、元気な姿の写真を年賀状にして、新年のあいさつとするのはいかがでしょうか。

子供・孫から親へ

孫の誕生や成長を楽しみにしている両親や義両親には、孫の写真を年賀状に入れると大変喜んでもらえます。

年賀状裏面の全面に1枚の家族写真をレイアウトするほか、孫や自分たち夫婦のさまざまな表情の写真をコラージュ風にレイアウトするのもおすすめです。

親から子供・孫へ

自分たちが元気で過ごしている姿や、飼っているペットの写真を年賀状にすると、子供たちに安心してもらえるでしょう。

遠く離れて暮らしている場合は、とくに両親のことが心配になるものです。

自分たちが元気で過ごしている姿や、飼っているペットの写真を年賀状にすると、子供たちに安心してもらえるでしょう。

遠く離れて暮らしている場合は、とくに両親のことが心配になるものです。

コロナ禍で会えないからこそ、とっておきの写真を年賀状に使いましょう。

あけましておめでとうはあり?お祝いの言葉を使わない年賀状

年賀状を送る相手の家族が新型コロナウイルスに感染して闘病中である場合などは、年賀状に「おめでとう」と書くのを躊躇してしまうかもしれません。

そのような場合にも気兼ねなく送ることができるよう、お祝いの言葉を使わない年賀状の文例をご紹介します。

なお、ご紹介する文例は、新型コロナウイルスの影響だけでなく、近年多く発生している自然災害の被害に遭われた方にお送りする年賀状にも使えます。

お祝いの言葉を使わない年賀状の文例

「あけましておめでとうございます」をはじめ、「新春のお慶びを申し上げます」「謹賀新年」「A HAPPY NEW YEAR」などは、すべてお祝いの言葉です。

これらに代わる年賀状の文例には、次のようなものがあります。

新年のごあいさつを申し上げます

初春のごあいさつを申し上げます

幸多き一年となりますように

新しい年が明るく平和な一年でありますように

笑顔の絶えない一年となりますように

笑門来福(笑う門には福来る)

一陽来復(悪い状況がよいほうに向かうこと)

年賀状に使ってはいけない「忌み言葉」

年賀状には、使ってはいけない「忌み言葉」というものがありますので、ここであわせてご紹介しておきます。

忌み言葉とは、言葉の意味や音から不吉なできごとを連想してしまう言葉で、「切る(切れる)」「去る」「落ちる」「終わる」「離れる」などがあります。

したがって、「去年」ではなく「旧年」「昨年」を使いましょう。

また、今だからこそ注意したいのが「コロナ禍」という言葉です。

これには「禍(わざわい)」という言葉が含まれているため、新年を祝う年賀状にはふさわしくありません。

「コロナの影響」などと別の言葉にいいかえましょう。

まとめ

コロナ禍では、より一層相手を気遣った年賀状を

例年であれば、年賀状の文面は自分の近況報告に偏りがちです。

しかし、誰もが不安を抱えているコロナ禍においては、相手の状況や心情を気遣った年賀状にすることが重要といえるでしょう。

1日も早い新型コロナウイルスの収束を願う気持ちとともに、相手を思い遣る気持ちのこもった年賀状を送ってください。

「れいわdeねんが」では年賀状を800種類以上取り揃えております!送料無料!

コメント

  1. 鳥海 より:

    わかりやすくて、とっても良いです。

タイトルとURLをコピーしました