どんな意味がある…?花のモチーフの意味・花言葉

喪中 記事
この記事は約7分で読めます。

花には、人を元気づけたり慰めたりする力があります。その力は、花の姿だけでなく、つけられている花言葉によってさらに深い魅力となり、私たちの心に響いてきます。

花言葉は、ギリシャ・ローマ神話や聖書、伝説などのエピソードが由来になってつけられているものですが、日本においては、日本の風習や歴史によって、独自の言葉が形成されてきました。そして、さまざまなシーンにおいて、ふさわしい花言葉から花を選び、使われるようになりました。

今回はシーン別に、結婚式招待状にふさわしい花や、喪中はがきにふさわしい花などの特徴や花言葉について紹介します。そのほかエールを送りたいとき、旅立ちを祝福したいとき、感謝を伝えたいときなどにふさわしい花もまとめました。

結婚式招待状のデザインに使われる花モチーフ・花ことばを紹介

結婚式の招待状に使われている花モチーフは、デザインの雰囲気によってさまざまあります。そのなかで、花言葉が結婚式にふさわしい花5つ紹介します。

凛とした美しさの象徴「さくら」

花言葉
「優美な女性」「心の美しさ」「純潔」「あなたの微笑み」

淡いピンク色が華やかな桜には、結婚する2人の凛とした美しさを表現するような花言葉が並びます。満開の桜を目にすると、心が洗われるような清々しさに圧倒されますが、これと同じくらいの眩しい輝きを放つ新郎新婦を表現するのに、桜はピッタリの花です。

愛を誓う「バラ」

花言葉
「あなたを愛しています」「私はあなたにふさわしい」

愛している人に贈る花束としても定番のバラは、結婚式の招待状にもふさわしい花です。とくにピンク色のバラには「かわいい人」「愛の誓い」といった花言葉があり、ロマンティックな色使いで結婚する2人を優しく表現してくれます。

素朴なやさしさを漂わせてくれる「ラベンダー」

花言葉
「静寂」「献身的な愛」「清潔」

ヒーリング効果の高い優しい香りと素朴な花をつけるラベンダーは、安らぎのある印象を与えてくれる花です。癒しと幸福の花として人気も高く、心温まるカジュアルなウエディングを演出したいとにおすすめの花です。

おめでたい席にふさわしい「梅」

花言葉
「高潔」「優美」「気品」「不屈の精神」

昔から慶事・吉祥のシンボル「松竹梅」といわれるように、おめでたい席にふさわしい花です。厳しい寒さのなかでどの植物よりも早く花を咲かせ、喜ばしい春の到来を告げてくれるということから、梅は江戸時代より繁栄・長寿の象徴とされてきました。「優美」は赤い梅、「気品」は白い梅の花言葉であり、紅白揃えることによってさらに結婚式にふさわしい演出となるでしょう。

変わらぬ愛を伝える「胡蝶蘭」

花言葉
「幸福が飛んでくる」「清純」「変わらぬ愛」「純粋な愛」「上品」

優雅で上品なイメージの胡蝶蘭は、結婚式やお祝い事にピッタリの花です。蝶が舞うように見える美しい花も、その花につけられている花言葉の意味も、結婚式招待状のデザインとして大変ふさわしく、おすすめの花です。

喪中はがきのデザインに使われる花モチーフ・花言葉を紹介

近年喪中はがきには、文章だけでなく、優しいイメージの花モチーフが描かれることが多くなりました。そのなかでも、喪中はがきにふさわしい花言葉がつけられている花を4つ紹介します。

気品と堅実さを表す「菊」

花言葉
「高貴」「高尚」「愛情」「誠実」「信頼」「高潔」「清浄」

菊の花言葉は、気品と堅実さを表す言葉が並びます。菊は皇室の紋章であり、日本の国花と呼ぶのにふさわしい花でもあります。高貴なイメージの菊は、故人を偲ぶ喪中の挨拶としてもピッタリの花です

日本人の美徳に合う「ツバキ」

花言葉
「控えめな愛」「「控えめな素晴らしさ」「謙虚な美徳」「完全なる美しさ」「気取らない優美さ」「慎み深い」

椿日本人の美徳に合った花であり、万葉集にも登場するほど古くから日本で愛されてきた花です。花言葉に「控えめ」が多用されているのは、香りがないことに由来すると言われています。

仏教とかかわり深い「蓮」

花言葉
「神聖」「清らかな心」「離れゆく愛」「雄弁」

蓮はお釈迦さまの生誕を告げるように咲いた花であるとされています。仏教とかかわりが深い花なので、喪中はがきにも大変多く使用されています。仏教の世界では、よい行いを積んだ仏教徒は、極楽では蓮の花の上で楽しく暮らしていけると言われています。

ヤマユリ

花言葉
「荘厳」「威厳」「純潔」「無垢」

ヤマユリは山地に自生している日本のユリで、昔から日本人に愛されてきた花です。細い茎から美しい花びらを開く姿や、気品や誠実さが伝わる花言葉から、故人の人柄を代弁する花として、多くの喪中はがきに使用されています。

そのほかシチュエーション別で花のモチーフや花言葉を紹介

結婚式招待状や喪中ハガキのデザイン以外にも、花言葉の意味を用いれば、花はさまざまなシーンでメッセージを届けることができます。

エールを送りたいときに選ぶ花

成功を祈願する「ネモフィラ」

花言葉
「どこでも成功」「可憐」「清々しい心」

ネモフィラは春に丸みを帯びた可憐な花を咲かせます。葉が地面を這うように茂り、小花が群生するとまるで絨毯のように見える花です。青い色の清々しさや「どこでも成功」という花言葉は、元気づけたい人に贈るのにふさわしい花です。

香りとともにエールを送る「沈丁花」

花言葉
「勝利」「栄光」

沈丁花は春の花で、小さな白い花が塊になって枝先に咲きます。香りが高く、夏のクチナシ、秋のキンモクセイとともに三大香木と称されています。「勝利」「栄光」というエールを送る言葉を甘い香りとともに届ければ、贈られた人にも喜ばれることでしょう。

勝者の象徴「月桂樹」

花言葉
「勝利」「栄光」

月桂樹といえば、勝者に送る冠としてローマ時代から使用されてきたことはあまりにも有名でしょう。ギリシャ神話に登場する太陽神アポロンの木とされている月桂樹には、「勝利」「栄光」といった、応援する言葉としてピッタリな花言葉がつけられています。

卒業や就職など新しい旅立ちにふさわしい花

不可能を可能にする「青いバラ」

花言葉
「夢がかなう」

バラには色別に花言葉があります。青いバラは、品種改良や遺伝子組み換えによる研究を重ねて、長年かけてようやく開発されたので、「夢がかなう」という花言葉になりました。新しい門出にぴったりな花です。

華やかに門出を祝福する「トルコキキョウ」

花言葉
「希望」

トルコキキョウはとても優美でゴージャスな花を咲かせます。切り花にすると花もちがよく、美しい花を長く鑑賞できます。紫のトルコキキョウの「希望」という花言葉は、新しく旅立つ人へ贈る言葉としてもふさわしく、花束としても人気の花です。

春の旅立ちを優しく祝福する「スイートピー」

花言葉
「門出」「飛躍」

スイートピーは、春に甘い香りを放ちながら蝶が飛び立つような可憐な花を咲かせますピンク、白、紫といったやわらかな色合いの花が、新生活にちょっと不安を感じている人の心を優しく包んでくれるようです。

感謝の気持ちを伝える花

卒業シーズンにぴったりな「フリージア」

花言葉
「感謝」「友情」

フリージアは冬~春にかけて切り花が出回る花です。定番色の黄色や白に加えて、ピンクや薄紫といった華やかな色も登場してきました。花言葉が「感謝」「友情」であることから、卒業シーズンに贈る花束としておすすめです。

明るく感謝の気持ちを伝える「ガーベラ」

花言葉
「感謝」

ガーベラのなかでも、ピンク色のガーベラには「感謝」という花言葉がつけられています。花びらが放射線状に開き、ぱっと周りを明るくしてくれるような花ですが、ピンク色をしていることにより、優しい雰囲気を周りに与えてくれます

控えめでも欠かすことのできない「かすみ草」

花言葉
「感謝」

ブーケや花束を作るときの名脇役として欠かせないのがかすみ草です。どんな花同士でもかすみ草が加わることでなじんでしまう、その控えめな存在感がかすみ草の魅力でしょう。「感謝」を伝えるときは、かすみ草を主役にして控えめで優しい花束を贈るのもおすすめです。

まとめ

自分の気持ちを花言葉に込めて使おう

結婚式招待状、喪中ハガキ、そのほかのシチュエーションで使われる花を、花言葉とともに紹介しました。花のモチーフを使いたいときや花束を贈りたいときには、届けたい自分の気持ちを代弁してくれるような花言葉を見つけて、花を選んでみてはいかがでしょうか。きっと、美しい花の奥に秘められたメッセージによって、受け取った人の心にも安らぎや喜びが溢れることでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました