夫婦で出す年賀状 デキる嫁はここが違う!

ママ向け 記事
この記事は約6分で読めます。

結婚すると相手方の家族ともお付き合いをしていくことになります。義理の両親や義理の親戚との距離感や礼儀は難しいもので、年賀状を出すかどうかについて悩んでしまう方もいるのではないでしょうか。

今回は、義理の家族に出す年賀状についてご紹介していきます。例文についても掲載しているので、年賀状を作るときの参考にしてくださいね。

義理の両親や親戚にも年賀状を出すべき?

そもそも、義理の両親や親戚に年賀状を出す必要はあるのでしょうか。

義理の家族と良子な関係を築くためには、コミュニケーションを取り合うことが大切です。日頃あまり会う機会がない義両親や親戚の場合、年賀状は近況報告をしてコミュニケーションをとる絶好の機会です。

日頃から頻繁に会っていたり年末年始に訪問する予定があったりする場合は無理に出さなくてもいいですが、会う会わないに関係なく礼儀として出している方もいらっしゃいます。年賀状をもらって迷惑に感じる人はいませんので、「出すべきかどうか悩んでいる」という場合は、良好な関係を築くためにも出しておくことをおすすめします。

年賀状を送っても返ってこない場合はどうする?

こちらから年賀状を送っても返ってこない場合は、どうしたらよいのでしょうか。

年賀状が返ってこないときは、以下の原因が考えられます。

相手が喪中だった

● 自分の名前を書き忘れていた

ライフスタイルの変化で年賀状を出す余裕がなくなった

もしも上記に当てはまらない場合、年賀状を出す習慣がない方なのかもしれません。まずは2〜3年年賀状を出してみて、それでも返事が来ない場合は年賀状を出すことをやめるという選択肢もあります。

ただし、メールや電話で年賀状のお礼などを連絡してくれた場合は、次の年以降も年賀状を出しても嫌がられることはないでしょう。もしも相手が年賀状を出す習慣のない方の場合は、来年からはほかの連絡手段に切り替えると相手の負担になりにくいかもしれません。

義理の両親や親戚に年賀状を出すときのポイント

最近は年賀状を出す人が減ってきているので、年賀状についてのマナーをあまり知らない方もいらっしゃると思います。なかには、結婚を機に十数年ぶりに年賀状を作成するケースもあるでしょう。

年賀状は、正しい送り方をしないと「マナー違反」「失礼」だと捉えられてしまうこともあります。ここからは、年賀状を送るときに押さえておきたいポイントについてご紹介していきます。

①書くべき内容を押さえておく

年賀状には、書くべき内容が決まっています。義両親など年齢を重ねている方は正しい書き方やマナーを大切にすることもあるため、書くべき内容を押さえて正しく年賀状を作成することが大切です。

年賀状に書くべき内容

1.賀詞:新年を祝う言葉

2.謝辞:日頃の感謝や近況報告などを簡潔に

3.祈り:相手の健康や幸福、反映や活躍を願う言葉

4.お願い:今後の変わらぬお付き合いやご指導をお願いする言葉

5.日付:新年の年号と日付

以上の内容を押さえて、年賀状の文章を作成していきましょう。

ちなみに、「お祝い事や喜ばしいことに区切りをつけない」という意味で、年賀状の挨拶文には句読点を入れないことがマナーだとされています。読みにくくなってしまうときは、改行やスペースを利用して工夫しながら年賀状を書きましょう。

②賀詞と忌み言葉に注意!

年賀状の文頭に書く賀詞には様々な種類があり、種類によって意味が異なります。一文字であれば「寿」「福」、2文字なら「賀正」「新春」などがあり、これらの賀詞は実際に目する機会も多いでしょう。

しかし、1文字や2文字の賀詞は目上の人への敬意に欠けるものだとされているため、注意が必要です。義両親に宛てるときは、敬意を払うためにも4文字以上か文章で賀詞を書くようにしましょう。

目上の人に適した賀詞

  • 謹賀新年
  • 恭賀新年
  • 新年おめでとうございます
  • あけましておめでとうございます
  • 謹んで新春のお慶びを申し上げます

③忌み言葉を使わない

年賀状は、新年を迎える喜びやお祝いの気持ちを伝えるものです。お祝い事に関わる手紙や書面では、基本的に不吉な出来事を連想させる忌み言葉を使用しないように注意する必要があります。

年賀状の場合、たとえば以下の言葉が忌み言葉にあたります。

年賀状における忌み言葉

去年、終わる、衰える、切れる、離れる、壊れる、崩れる、失う、落ちる、枯れる など

意外かもしれませんが、「去年」には「離れる」と言う意味があるため忌み言葉にあたります。「昨年」など、ほかの表現を使うようにしましょう。

④喪中かどうかを確認しておく

年賀状を出す前に、相手が喪中でないかどうかはしっかりと確認しておきましょう。

人によっては、喪中の人が年賀状を受け取ること自体はマナー違反ではないと考える場合もあります。しかし、悲しい出来事があったときにおめでたい言葉が並んだ年賀状が届いてしまうと、より悲しい気持ちになってしまう可能性があります。

「喪中ですが、年賀状をいただくのは問題ありません」と言う申し出がない限り、喪中の方に年賀状を送ることは避けましょう

⑤パソコンで作成する場合も手書きの文字を入れる

年賀状を一枚一枚手書きで作成する方はそう多くないでしょう。最近は自宅のパソコンでもオシャレな年賀状が作れるため、自宅で印刷してそのまま投函する方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、宛名も本文も全て印刷された年賀状だと、相手に気持ちが伝わりにくいことがあります。場合によっては、義両親やご家族に「手を抜いているのかな?」と思われてしまうこともあるかもしれません。

きちんと「相手のことを想っている」ことが伝えられるように、年賀状を作るときは一言手書きのメッセージを添えておきましょう。「送る相手に寄り添った一言」であれば、心の距離がグッと近づいた温かみのある年賀状になりますよ。

義理の両親や親戚に送る年賀状の例文・文例

最後に、義両親や親戚に年賀状を出すときの例文について掲載しておきます。どんな文面にしたらいいかわからない場合は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

遠方に住んでいてなかなか会えない場合

あけましておめでとうございます

昨年は大変お世話になりました

お二人が健康に新年のスタートを迎えられ 私どもも嬉しく思っております

昨年は夫婦ともにバタバタしてなかなか訪問できませんでしたが

今年は訪問できることを楽しみにしております

その際は、おとうさんの大好物である〇〇をお土産にお持ちしますね

本年もお二人にとっていい年になりますよう お祈り申し上げます

今年もどうぞよろしくお願いいたします

令和〇年 元旦

近くに住んでいる場合

新年明けましておめでとうございます

おかげさまで夫婦揃って新年を迎えることができました

昨年もたくさん家庭菜園で取れたお野菜や果物をいただきまして ありがとうございます

いつも美味しくいただいております

〇日に改めて新年の挨拶にお伺いすることを楽しみにしていますね

本年もお二人が健康で楽しく過ごされることをお祈り申し上げます

今年もどうぞよろしくお願い致します

令和〇年 元旦

まとめ

デキる嫁なら、マナーを守って年賀状を出そう!

結婚をしたら、義理の両親や親戚との付き合いは避けては通れないものです。大切なパートナーのご家族を大切にすると言う意味でも、しっかりと年賀状を送って良好な関係を築いていきましょう。

年賀状を作るときは、いくつか注意するポイントがあります。新年を祝う年賀状で「失礼だ」と思われないように、マナーや注意点に留意して年賀状を作ってくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました